シミの種類に適した対策を。治療法も異なる

シミの種類に適した対策を。治療法も異なる

美容上のトラブルにはいろいろありますが、中でもシミができると目立ちやすいものです。
そこでシミを改善したいところですが、シミには種類があり、その治療法も異なります。

 

老人性色素斑

 

シミと言われるもの中で特に多いのがこのシミです。日光黒子ともいい紫外線の影響でできるものです。主には頬骨の高い部分に1cm大くらいの丸い色素斑ができて、はじめは茶色をしていますが、段々と濃くはっきりしてきます。何年も経つうちに隆起してくる事があり、脂漏性角化症になるものもあります。治療法ははっきりとしてきたものに関してはレーザー治療でないと取る事ができません。初期段階なら美白化粧品でも効果があります。

 

脂漏性角化症

 

老人性色素斑が発展して、次第にイボのように盛り上がってきたものです。よく見てみると、表面はボツボツしています。手の甲にできる茶色いシミもこれに該当するものが多いです。治療はレーザー治療で行います。

 

炎症性色素沈着

 

ニキビ跡や傷の跡が茶色くシミになり残ったものです。無駄毛を毛抜きで抜いていると毛穴の周りが黒くなる事がありますが、これも炎症性色素沈着です。無理に抜く事により毛穴が炎症を起こしている状態です。治療法は早く消したいならピーリングがおすすめです。また美白化粧品を併用するといいでしょう。

 

肝斑

 

頬骨の部分にモヤモヤと左右対称にできる事が多くて、色は茶色、灰色などいろいろです。鼻の下とか額にできる事もあります。肝という漢字を書きますが、肝臓とは関係ありません。女性ホルモンのバランスが崩れた時にできるものです。ですから妊娠中やピルを服用した時、また更年期の人によく発生するシミです。治療法はトラネキサム酸という薬を数カ月服用する事で、薄くなる事が多いです。レーザー治療には向いていません。

 

花弁状色素斑

 

この時期特に気をつけたいシミです。海などで急に日焼けした後に、肩から背中にかけてできる小さなシミで、よく見ると花びらのような形状をしています。治療法はレーザー治療が確実です。一口にシミと言ってもいろいろな種類があります。自分のシミに適した対策をしていきましょう。

 

 

ニキビをつぶしてしまっても、シミとして残る可能性があります。
普段から丁寧なスキンケアをして、シミのない綺麗な肌を維持していきましょう。

 

富士フィルムのルナメアacはニキビに特に効果的です。